上杉文化の粋 稽照殿

トップページ上杉文化の粋 稽照殿

稽照殿について

稽照殿は、大正8年の米沢大火による上杉神社再建に際し、宝物殿として創設されました。設計は文化勲章を受章した米沢市出身の建築家・伊東忠太によるもので、神殿と調和を保つ日本風の外観をみせた重層建築です。御祭神上杉謙信公の遺品を主として初代米沢藩主景勝公、直江兼続公、中興の名君鷹山公の遺品・遺墨等が多くを占め、平安時代から明治期にわたる絵画、書跡、古文書、刀剣、甲冑、武具、仏器、陶漆器、服飾類等多種多様な遺物を収蔵しています。重要文化財・重要美術品・山形県指定文化財を含む収蔵品は、優秀な美術工芸品として、あるいは貴重な資料として当時を語り伝えています。昭和41年に収蔵庫を増設、平成10年に登録有形文化財に認定され、現在に至ります。


時間・料金のご案内

開館時間9:30~16:00(最終入館15:45)
開館期間3月下旬~11月25日
※雪灯籠まつり期間(2月第2土日)は開館
拝観料一般 700円
高大生 400円
小中生 300円
※団体20名以上で1人50円引き
2021年7月17日から拝観料が変更になりました
休館日①8月をのぞく第2水曜日
②展示替え期間(7月第2水曜~金曜)

展示内容

令和3年度7月17日より、重要文化財指定 「犀角帯・靴・紗帽」修理 記念 特別展示「明国劄付上杉景勝宛 一幅 明冠服類(文禄五年上杉景勝受贈) 一括」を行います。


書籍販売

稽照殿にて、上杉神社稽照殿発行の書籍を販売しています。現在販売している書籍は以下の通りです。売り切れ次第販売は終了となります。

  • 『特別展示 明国劄付 上杉景勝宛 一幅 明冠服類(文禄五年上杉景勝受贈) 一括』 1,000円

こちらの書籍は、郵送にての販売も行っております。ご注文方法は、お守と同様です。こちらのページをご確認ください。なお、レターパックライトご使用の際ご注文は5冊までとさせていただきます。5冊以上ご注文の際はご相談ください。


資料画像の掲載・放映等について

当館所蔵資料の画像使用に関しては、以下の規定・申請書をダウンロードし、ご確認の上申請してください。
資料の貸し出しや調査などその他の利用をご希望の方は所定の様式がありますのでご連絡ください。

ページのトップへ