御由緒

トップページ御由緒

上杉神社

上杉謙信公御肖像(上杉神社所蔵)
※画像の無断使用禁止

【御祭神上杉謙信うえすぎ けんしん公】

 天正6(1578)年、3月13日、戦国の名将上杉謙信公が越後の春日山城に49歳で急逝された時、その遺骸を城中不識庵に仏式を以て鎮祭されたのであるが、2代景勝公が会津を経て米沢に移封されるに当たり、祠堂を米沢城内に移して仏祭を厳修されて来た。明治の世を迎え祠堂のまま神祭に改め、米沢藩中興の名君鷹山公を合祀して上杉神社と称し県社に列し、同9年には新たに神殿成り、遷座祭を行う。明治35年、往時の勤皇の功により別格官幣社に列せられる。
(鷹山公は新たに摂社として松岬神社を創立して正面濠の外に鎮座)
 先年の神社制度の改革によって社格を廃して現在に至る。

 大正8年米沢市大火の際本殿以下ことごとく類焼し、同12年米沢出身建築界の泰斗伊東忠太博士(文化勲章受章者)の設計による現在の神殿を始め一切を竣成したのであるが、境内は旧米沢城址本丸跡でその6割を占め、およそ6300坪、境域をめぐる堤上の桜花はお堀に映じ陽春4月の例祭には一段に美観を呈する。
 例祭は4月29日(歿年3月13日を太陽暦に換算)。

 上杉神社再建に当たり、藩祖謙信公、2代景勝公、直江兼続公、10代鷹山公の遺品・遺墨等を中心に収蔵、展示する稽照殿が創設された。


摂社 松岬神社

 明治35年(1902)、上杉神社から上杉鷹山公を分祀して、米沢城の別称・松岬城に由来して社号を「松岬神社」と称し、社殿は大正元年に建立されました。大正12年に米沢藩初代藩主である景勝公を合祀、昭和13年には景勝公の重臣である直江兼続公と、鷹山公の師・細井平洲先生、鷹山公の藩政改革を補佐した功臣・竹俣当綱、莅戸善政を合祀し、祭神は六柱となりました。
 境内には、鷹山公が隠居した際、次代の藩主治広公に民主政治の原点を示し与えた藩主の心得3か条「伝国の辞」の石碑が建ちます。

  • 例祭/4月30日
  • 秋季大祭/9月第4土曜
  • 月次祭/毎月9日
上杉鷹山公御肖像(上杉神社所蔵)
※画像の無断使用禁止

上杉鷹山うえすぎようざん公】

宝暦元年(1751)~文政5年(1822)

謙信公から数えて10代藩主。高鍋藩藩主秋月種美の次男として誕生(母方の祖母が8代綱憲公の娘)。宝暦10年9代重定公の養子に迎えられ、明和4年17歳で米沢15万石の藩主となる。
窮乏の縁にあった米沢藩を、大倹約令・産業開発・藩校興譲館の創立・政務の革新などで再建し、江戸時代随一の名君として知られる。35歳で隠居後も政務に参与し、米沢織・米沢鯉・深山和紙など鷹山公の興した産業は現在に伝承されている。


末社 春日神社

 今から千年程前、越後の国司として派遣されていた藤原遠成が、領内の平和を祈るため、上越の春日山頂に、奈良の春日大社を分霊しました。
 戦国、上杉家は代々春日社を守り、神として敬い続け、その後も藩主の移封と共に、会津から米沢へと移りました。
 減封を続けた上杉家は藩の財政が苦しく、10代鷹山公が再建を願い、春日社へ誓詞を奉納されたことは有名です。
 明治5年に現在地へ移った春日社は、大正8年の米沢大火により上杉神社と共に類焼し、松岬神社に合祀されましたが、昭和56年、市民の浄財により再建され今日に至ります。

  • 例祭/9月第4日曜日

末社 福徳稲荷神社

 当社は、享保年間の7代宗憲公時代(1722~34)に、城中二の丸に一社を建て、城内守護神として祭祀されたのに始まります。
 以来歴代の御崇敬が篤く、明治9年(1977)には、10代鷹山公の御信仰の篤かった三の丸稲荷祠を合祀して、上杉神社境内に移し、末社としました。大正8年(1920)の米沢大火で上杉神社本殿は炎上しましたが、稲荷社だけは火難を免れ、上杉神社再建の後、大正12年に現在の位置に遷座しました。その後信心の篤い人々により福徳講が組織され、篤信者の賛助を得て、昭和12年に社殿を改修。同12年拝殿増設、正面左手には奥の宮、市杵島弁天宮があります。(下記に霊験記)

  • 例祭/7月30日 月次祭/毎月9日
  • 初午祭/毎年旧初午の日
  • さいと焼き/1月15日

【霊験記】

8代宗房公の御代(1734~1746)に、将軍家から鶴を拝領された。早速その御請け書を飛脚に託して江戸に向かわせたが、清書と案書を取り違え、措置に窮した時、御城代(御家老)の岩井氏による飯縄の修法にて、城内に住む白狐に託し、大難を逃れることができた。翌日夕方、神使白狐は無事戻ってきたが疲労困憊し哀れにも力尽きてしまった。その遺骸は、この稲荷祠に納め奉られた。

ページのトップへ